Caffe(NVIDIAフォーク)をビルドしてみた

caffe
Caffe(NVIDIAフォーク)をソースからビルドしてみました。

NVIDIAのサイトからダウンロードできるDIGITSには、コンパイル済のcuDNN版Caffeが含まれています。しかし、「NVIDIA DIGITS 1.0をインストールしてみた」の記事のようにPCのGPUが、cuDNNサポート対象外だったため動作しませんでした。今回は、下記リンクのGitHubで公開されているCaffe(NVIDIAフォーク)のソースからCUDA版Caffeをビルドしました。
https://github.com/NVIDIA/caffe

スポンサーリンク

Caffeのビルド

ビルドの前に、下記リンクの「README」の”Install caffe:”に従ってCaffeリポジトリのクローン等を行います。
https://github.com/NVIDIA/DIGITS/blob/digits-1.0/README.md

次に、ビルドの準備を行います。

% cd ~/caffe
% cp Makefile.config.example Makefile.config

さすがに、NVIDIAフォークのMakefile.configは、下記のように最初からcuDNNを使用する設定になっていました。

# cuDNN acceleration switch (comment to build without cuDNN).
USE_CUDNN := 1

今回は、CUDA版をビルドしたいので、下記のように”USE_CUDNN := 1”をコメントアウトします。

# cuDNN acceleration switch (comment to build without cuDNN).
# USE_CUDNN := 1

また、コンパイル等の時間を短縮するため、”-j8”でコア数分の並列処理を行いました。

% make all -j8
% make py -j8
% make test -j8
% make runtest -j8

DIGITSのインストール

また、DIGITSも下記リンクのGitHubからインストールしました。
https://github.com/NVIDIA/DIGITS

DIGITSのインストールは、「README」通りに行いました。