cuDNN v4に対応したTensorFlow 0.7.1をインストールしてみた

tensorflow
前回の記事のインストール方法で、やっと動作するようになったTensorFlow 0.6.0ですが、CUDA 7.5とcuDNN v4に対応したGoogleのTensorFlow 0.7.1(GPU版)をUbuntu 14.04にインストールしてみました。

スポンサーリンク

インストール

CUDA 7.5のインストール

CUDA 7.5をインストールしていない場合、NVIDIAのサイト(https://developer.nvidia.com/cuda-downloads)からインストール用のファイルをダウンロードし、インストールします。

cuDNN v4のインストール

NVIDIAのサイト(https://developer.nvidia.com/cudnn)からファイル(cudnn-7.0-linux-x64-v4.0-prod.tgz)をダウンロード※します。
※但し、CUDA Registered Developer Program への登録が必要です。

ダウンロードしたファイルを展開し、ディレクトリにコピーします。

$ tar xvzf cudnn-7.0-linux-x64-v4.0-prod.tgz
$ sudo cp cudnn-include/cudnn.h /usr/local/cuda/include
$ sudo cp cudnn-lib64/libcudnn* /usr/local/cuda/lib64
$ sudo chmod a+r /usr/local/cuda/lib64/libcudnn*

TensorFlowのインストール

TensorFlowのインストール方法は、今回もVirtualenv installを選択しました。
前回の記事のインストール方法と同じく、オプション”–system-site-packages”なしでPython環境を構築し、GPU版のTensorFlow 0.7.1をインストールします。

$ virtualenv ~/tensorflow-gpu
$ source ~/tensorflow-gpu/bin/activate
(tensorflow-gpu)$ pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/linux/gpu/tensorflow-0.7.1-cp27-none-linux_x86_64.whl

動作確認

前回の記事と同じく、「Hello, TensorFlow!」で動作確認しました。

(tensorflow-gpu)$ python
>>> import tensorflow as tf
>>> hello = tf.constant('Hello, TensorFlow!')
>>> sess = tf.Session()
>>> print(sess.run(hello))
Hello, TensorFlow!

心配したTypeErrorの発生は、ありません。