NVIDIA DIGITS 5をnvidia-dockerで試してみた


以下の記事のGitHub版に続き、Docker版のNVIDIA DIGITS 5.0がDocker Hubでリリースされましたので、nvidia-dockerで試してみました。

NVIDIA DIGITS 5のModel Storeを試してみた
GitHub版のNVIDIA DIGITS 5.0が、正式リリースとなりました。今回は、Model Storeを試してみました。
スポンサーリンク

Docker版のNVIDIA DIGITS 5

今回は、nvidia-docker上で動作させるため、ここ(https://hub.docker.com/r/nvidia/digits/)からDockerイメージをダウンロードします。

以下のコマンドで、DIGITS 5.0のDockerイメージをダウンロードします。

$ docker pull nvidia/digits:5.0

以下の記事では、

NVIDIA DIGITSでファインチューニングしてみた
ILSVRC2012データセットでトレーニング済みのAlexNetモデルを、NVIDIA DIGITS上でファインチューニングして、Caltech-256データセット用のAlexNetモデルを作成してみました。

以下のコマンドで、DIGITS 4.0のDockerイメージからDockerコンテナを起動しましたが、

$ nvidia-docker run --name digits4 -d -p 5000:34448 \
    -v /home/sora/digits-jobs:/jobs \
    -v /home/sora/docker-data:/data \
    nvidia/digits:4.0

DIGITS 5.0の場合、コンテナのport番号が34448から5000に変更されていますので、以下のコマンドで、DockerイメージからDockerコンテナを起動します。

$ nvidia-docker run --name digits5 -d -p 5000:5000 \
    -v /home/sora/digits-jobs:/jobs \
    -v /home/sora/docker-data:/data \
    nvidia/digits:5.0

/home/sora/digits-jobsには、DIGITS 4.0のDockerコンテナで作成したDataset(Caltech256)とModel(AlexNet_Finetune-Caltech256)があるのですが、DIGITS 5.0のDockerコンテナでも、問題なく使用できました。

まとめ

GitHub版に続き、Docker版のNVIDIA DIGITS 5.0がDocker Hubでリリースされましたので、nvidia-dockerで試してみました。