NVIDIA DIGITS 5のModel Storeを試してみた


GitHub版のNVIDIA DIGITS 5.0が、正式リリースとなりました。今回は、Model Storeを試してみました。

スポンサーリンク

Model Store

後述の方法によりインストール・起動したDIGITS 5.0でModel Storeを利用するには、下の図のように、DIGITS「Home」ページで「Pretrained Models」タブを選択し、「Load Model」下の「Images」ボタンをクリックし、プルダウンメニューから「Retrieve from Model Store」を選択します。


すると、下の図のような「Model Store」ページが表示されます。


使い方がわかりにくいのですが、左側のアイコン(マウスオーバーすると「Import」と表示されます)をクリックすると、モデルをダウンロード(インポート)できます。


モデルのダウンロード中は、上の図のように、モデルのName(ここでは、GoogLeNet)の下にプログレスバーが表示されます。

そして、ダウンロードが終了すると、下の図のような表示となります。


モデルの詳細の説明がないのですが、多分ILSVRC2012 validationデータセットに対して、AlexNetとGoogLeNetの精度は、以下の表のようになるようです。

Model Top1 (%) Top5 (%)
AlexNet 58.5 81.3
GoogLeNet 72.1 91.0

BVLC CaffeのAlexNet(https://github.com/BVLC/caffe/tree/master/models/bvlc_alexnet)とGoogLeNet(https://github.com/BVLC/caffe/tree/master/models/bvlc_googlenet)の精度は、下の表のようになっているので、少し改良されているようです。

Model Top1 (%) Top5 (%)
AlexNet 57.1 80.2
GoogLeNet 68.7 88.9

インストール・起動

リポジトリ版は、まだ公開されていないので、GitHub版をインストールします。

$ cd ~/github
$ git clone -b v5.0.0 https://github.com/NVIDIA/DIGITS digits-5.0

以下のコマンドで、起動します。

$ cd ~/github/digits-5.0
$ ./digits-devserver
  ___ ___ ___ ___ _____ ___
 |   \_ _/ __|_ _|_   _/ __|
 | |) | | (_ || |  | | \__ \
 |___/___\___|___| |_| |___/ 5.0.0

まとめ

GitHub版のNVIDIA DIGITS 5.0が、正式リリースとなりました。今回は、Model Storeを試してみました。