PyTorch v0.2.0 ランタイム版Dockerイメージを作成してみた

PyTorch v0.2.0 ランタイム版Dockerイメージを作成してみました。

以下の記事で作成した通常版Dockerイメージのサイズは、5.18GBだったのですが、今回作成したランタイム版Dockerイメージのサイズは、3.24GBとなっています。

PyTorchのDockerイメージを作成してみた
PyTorch v0.1.11のDockerイメージを作成して、examples/mnistを試してみました。

なお、ランタイム版Dockerイメージには、Condaパッケージのpytorch(CUDA 8.0とcuDNN 6.0に対応)とtorchvisionがインストールされます。

スポンサーリンク

PyTorch

この記事を作成した時点のバージョンは、pytorch v0.2.0、torchvision v0.1.9でした。

ランタイム版Dockerイメージの作成

通常版Dockerイメージの作成方法は、ここ(https://github.com/pytorch/pytorch#docker-image)に記載されているのですが、ランタイム版Dockerイメージの作成方法の記載はないようです。

以下のコマンドでGitHubのpytorch(https://github.com/pytorch/pytorch)をcloneし、ランタイム版Dockerイメージをbuildします。

$ cd ~/github
$ git clone https://github.com/pytorch/pytorch
$ cd pytorch/tools/docker
$ docker build -t pytorch-runtime:0.2.0 -f Dockerfile_runtime .

以前の通常版Dockerイメージには、torchvision(https://github.com/pytorch/vision)がインストールされていなかったのですが、現在のバージョンは、通常版・ランタイム版共に、torchvisionがインストールされます。

出来上がったランタイム版Dockerイメージのサイズですが、以前の通常版Dockerイメージの5.18GBよりは小さくなっていますが、それでも3.24GBあります。

$ docker images pytorch-runtime:0.2.0
REPOSITORY        TAG     IMAGE ID       CREATED       SIZE
pytorch-runtime   0.2.0   cd45d7b77646   2 weeks ago   3.24GB

Dockerコンテナの起動

pytorch/examples(https://github.com/pytorch/examples)をcloneしていない場合は、以下のコマンドでcloneします。

$ cd ~/github
$ git clone https://github.com/pytorch/examples pytorch-examples

なお、以前にpytorch/examplesをcloneしていた場合は、pytorch v0.2.0で互換性がない変更が加えられているので、pytorch v0.2.0対応の差分を取り込んでおきます。

以下のコマンドで、Dockerコンテナを起動します。

$ nvidia-docker run -it --ipc=host \
    -v /home/sora/github/pytorch-examples:/workspace/examples \
    -v /home/sora/data/pytorch:/workspace/data \
    pytorch-runtime:0.2.0

まとめ

PyTorch v0.2.0 ランタイム版Dockerイメージを作成してみました。