NVIDIA DIGITS 6のModel Storeを試してみた

NVIDIA DIGITS 6のModel Storeを試してみました。

こちら(https://developer.nvidia.com/digits)によると、Model StoreにU-Netが追加されているようです。

What’s New in DIGITS 6

  • Interactively train models using TensorFlow and visualize model architecture using TensorBoard
  • Integrate custom plug-ins for importing special data formats such as DICOM used in medical imaging
  • Pre-trained UNET model added to the DIGITS model store for image segmentation of medical images
スポンサーリンク

DIGITS 6

以下の記事で作成したDIGITS 6のDockerコンテナを使用します。

NVIDIA DIGITS 6でFashion-MNISTを試してみた
Fashion-MNISTというデータセットが公開されていましたので、NVIDIA DockerとNVIDIA DIGITS 6の組み合わせで試してみました。

以下のコマンドでDIGITS 6のDockerコンテナを起動します。

$ docker start digits6

Firefox等のブラウザを起動し、URLにlocalhost:5000を入力すると、DIGITS「Home」ページが表示されます。

Model Store (5.0)

DIGITS「Home」ページの「Pretrained Models」タブを選択し、右側にある「Load Model」下の「Images」ボタンをクリックし、プルダウンメニューから「Retrieve from Model Store」を選択します。


すると、下の図のような「Model Store」ページが表示されます。

しかし、U-Netがありません。

DIGITS 6 Dockerコンテナの改造

ググってみると、こちら(https://github.com/NVIDIA/DIGITS/issues/1823)に解決策が記載されていました。

Model Storeのターゲット・リンクを5.0から6.0に変更すれば良いようです。

以下のコマンドで、Dockerコンテナに横入りします。

$ docker exec -it digits6 bash

次に、エディタで、/usr/local/lib/python2.7/dist-packages/digits/config/store_option.pyの32行目の最後の5.06.0に変更します。

        url_list = "http://developer.download.nvidia.com/compute/machine-learning/modelstore/5.0"

        url_list = "http://developer.download.nvidia.com/compute/machine-learning/modelstore/6.0"

に変更します(変更したstore_option.pyファイルをdocker cpという方法もありますね)。

Dockerコンテナを抜け、以下のコマンドで、Dockerコンテナを再起動します。

$ docker restart digits6

Model Store (6.0)

Dockerコンテナの再起動後、上記と同じ手順を踏むと、下の図のような「Model Store」ページが表示されます。


Model Store (5.0)のときと比較すると、celeb-a-gan, celeb-a-gan-encoder, U-NETが追加されていることが分かります。

左側のアイコンをクリックして、モデルをダウンロードします。

一旦、DIGITS「Home」ページに戻り、「Pretrained Models」タブを選択すると、以下の図のようにダウンロードしたModelが表示されます。

まとめ

NVIDIA DIGITS 6のModel Storeを試してみました。

Model Storeのターゲット・リンクを変更することで、U-Net, celeb-a-gan, celeb-a-gan-encoderモデルをダウンロードすることができました。