Jetson TX2にJetPack 4.2.1をインストールしてDeepStream 4.0を試してみた

Jetson TX2 開発者キットにJetPack 4.2.1をインストールして、DeepStream SDK 4.0のdeepstream-appを試してみました。

スポンサーリンク

JetPack 4.2.1

JetPack 4.2.1は、Jetson AGX Xavier、Jetson TX2シリーズモジュール、Jetson TX1、およびJetson NanoをサポートするJetPackの最新リリースです。

NVIDIA SDK Managerを用いてJetPack 4.2.1をインストールする場合、DeepStream SDK 4.0も同時にインストールできます。
Jetson Nanoの場合、SD Card imageを用いてJetPack 4.2.1をインストールする方法もあるのですが、DeepStreamがSD Card imageに含まれているのかは不明です。

JetPackの詳細については、こちらのサイト(https://developer.nvidia.com/embedded/jetpack)をご覧ください。

DeepStream SDK 4.0

NVIDIA SDK Managerを用いてDeepStream SDK 4.0をインストールした場合、ファイルは主に/opt/nvidia/deepstream/deepstream-4.0に配置されます。

DeepStream SDKの概要については、こちらのサイト(https://developer.nvidia.com/deepstream-sdk)をご覧ください。

deepstream-app

deepstream-appは、DeepStreamのReference Applicationです。

基本的な使い方は、以下のように-cオプションの後にconfig_fileを指定します。

$ deepstream-app -c <path_to_config_file>

以下のコマンドで、config_fileのサンプルが保存されているディレクトリに移動し、TX2用のconfig_fileを指定してdeepstream-appを実行します。

$ cd /opt/nvidia/deepstream/deepstream-4.0/samples/configs/deepstream-app
$ deepstream-app -c \
  source12_1080p_dec_infer-resnet_tracker_tiled_display_fp16_tx2.txt

config_fileファイルを変更することにより、以下の画像のようなwindowed表示や、動画ファイル保存が可能になります。

まとめ

Jetson TX2 開発者キットにJetPack 4.2.1をインストールして、DeepStream SDK 4.0のdeepstream-appを試してみました。